未分類

完済までに起こる災難の対処法。

投稿日:

債務整理をして、返済計画が始まると
何故か災難が続く。

職場で人間関係が悪化したり、急な出費に迫られたり
あるいは健康問題が発生するかもしれない。

これは実体験である。

順風満帆にはいかない。嫌気がさす。
今までなら、ギャンブルに逃げてしまっていただろう。
しかし、その手はもう使えない。
強制的に切り離した。

手元にあるのは『時間』だけ。
猶予期間、考える機会。
それが唯一の武器であり、救いである。

落ちついて考えれば、必ず答えは出る。
何故、このタイミングで災難にあうのか。

自分で歩いて来た道を、ふと立ち返ってみる。
つまりギャンブルで考えると・・・
どんなに調子が良くても、勝ち続けることはない。
それは痛いほど知っている。

そう、災難はどんな時でも発生する。
根本的に人生は上手くいかないものだ。

それが当たり前。そんなもの。

自分だけが、特別不幸なわけではない。
世の中、石を投げれば当たるくらい
たくさんの不幸が転がっている。

その上に降りかかる、本来いつ
起こってもおかしくない災難の数々。
それらは、特別なものだろうか。

いや、普通のことだ。

普通のことで無ければ
「泣きっ面に蜂」
という言葉が昔からあるはずがない。

大昔から起こっている、ごくごく普通のことなのだ。

ちなみに『泣きっ面に蜂』という故事成語
泣いてむくんだ顔をさらに蜂に刺されるという意味だが

泣いてむくんでいるから蜂は刺すのではない。
むくんでいようがいまいが
刺される時は刺される。

借金があろうがなかろうが、災難は起こるのだ。

受け入れるしかない。どん底まで落ちた自分を。
もはや失うものもない、恐れるものもない。

そこで、改めて考えてみる。

借金で苦しむ自分は、不幸だろうか?
債務整理をして、返済計画をスタートさせた自分は
不幸と言えるのだろうか。
そこに降りかかる災難を恐れる必要があるのだろうか。

だとしたら。
災難を受け入れることができたとしたら・・・
借金のない、この先の人生は・・・

完済した後の自分は、どんな人間になっているのだろうか。

借金問題で実績のある「おしなり法律事務所」



-未分類

Copyright© パチンコ依存症から抜け出す方法 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.